活動報告

子育て支援

立憲民主党は3月11日までに原発ゼロ基本法案を国会に提出する準備

消費税引き上げ分の使い道を変更することにより、国・地方のプライマリーバランスの黒字化の達成時期に影響が出ることが明らかであり、2020 年度のプライマリーバランス黒字化目標の達成は困難という状況にあります。歳入・歳出改革努力を徹底し、プライマリーバランスの黒字化を目指すという目標自体は維持していくことが重要と考えられています。この目標の達成に向け、プライマリーバランス黒字化の達成時期、その裏付けとなる具体的かつ実効性の高い計画を示すことが急務といえます。持続可能な社会保障を実現するために、先送りの許されない重大問題として財政健全化が挙げられます。人口減少の大きな借金を抱えたままでは、国家の衰亡は避けられません。今後の計画作成にあたり、16年度から18年度までの取り組みについての中間評価をまとめたところ、当初目標は18年度のプライマリーバランス赤字の目安を国内総生産のマイナス1%程度としていたのに対し、今回の試算ではマイナス2.9%程度に悪化したことから、財政健全化の進め方への問題が浮かび上がります。

消費税引き上げ分の使い道を変更することにより、国・地方のプライマリーバランスの黒字化の達成時期に影響が出ることが明らかであり、2020 年度のプライマリーバランス黒字化目標の達成は困難という状況にあります。歳入・歳出改革努力を徹底し、プライマリーバランスの黒字化を目指すという目標自体は維持していくことが重要と考えられています。この目標の達成に向け、プライマリーバランス黒字化の達成時期、その裏付けとなる具体的かつ実効性の高い計画を示すことが急務といえます。

持続可能な社会保障を実現するために、先送りの許されない重大問題として財政健全化が挙げられます。人口減少の大きな借金を抱えたままでは、国家の衰亡は避けられません。今後の計画作成にあたり、16年度から18年度までの取り組みについての中間評価をまとめたところ、当初目標は18年度のプライマリーバランス赤字の目安を国内総生産のマイナス1%程度としていたのに対し、今回の試算ではマイナス2.9%程度に悪化したことから、財政健全化の進め方への問題が浮かび上がります。

PAGE TOP