1. HOME
  2. ブログ
  3. ユーザーアクションを促す「フッターバー」が記事の拡散効果を増大

ユーザーアクションを促す「フッターバー」が記事の拡散効果を増大

パソコンよりもスマホでの閲覧の方が多くなりがちな昨今、スマートフォンにも一発でユーザーが電話予約やシェアが行える簡便なUX/UI設計が重要となってきています。

最近のTCDテーマでは、電話予約や記事のシェアにすぐにつなげれるようスマホ画面の最下部に常にフッターバー固定表示させることができます。これはサイト閲覧者にお店やサイトの情報を分かりやすく伝えるほか、アイコンの種類は6種類あり用途に応じて使い分けてさまざまな使い分けが可能となっています。

デザインはこのような感じです。一度実機で見るのがいいかもしれません。4つ推奨ですがいくつでも表示できます。

「シェア」をタップするとポップアップでツイッター、フェイスブック、LINE、はてぶの4つのシェアボタンが表示されます。

アイコンは全部で6種類用意されており、いくつもアイコンを表示(4つ推奨)させることができます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事