ロボティクス

ロボティクスの発展がもたらす
未来への革新

近年の日本は少子高齢化に伴い、労働力不足だと言われています。少子高齢化は止まることなく、2045年には65歳以上の人口が100%を超えるとも言われています。労働力不足はとても深刻な問題ですが、ロボティクスの発展により労働力を補うことが期待されています。ロボティクスは徐々に発達・普及してきており、ディープラーニングを用いることでロボティクスが自動で学習を行うため、人間が行う作業と変わらない作業を行うことが可能となります。またロボットは24時間稼働することが可能ですので、人間より作業量をこなすことが可能なため、益々期待されています。

ディープラーニングでできることは、画像認識、音声認識、自然言語処理など幅広くあります。産業用ロボットだけでなく、家庭用ロボットも徐々に普及してきています。例えば、AIが搭載されている見守りカメラを設置し、画像認識で家族ごとに行動を把握・記録し、管理者に知らせるといったことも可能となっています。これから益々技術が発達し、より多くのことができるようになると考えられています。


人類と共存するロボティクス

今後、人間とロボットは共存していくことが求められると私たちは考えています。超少子高齢化社会ではロボットは欠かせない存在となり、今よりも私たちの身近なものとなるでしょう。また、従事者が減っている農業でもロボットの活用が期待されています。ロボットが果物や野菜を認識し、自動で収穫してくれるといったものも開発されており、効率的かつヒトの負担を減らすことが期待されています。
私たちは農業用ロボットの開発・研究に力を入れています。

ロボットと共存していく未来はすぐそこまで迫ってきています。大手企業もロボットに投資している近年、私たちも社会の役に立つロボットの研究・開発に力を入れています。お客様に選んでいただける製品を開発できるよう、私たちは努力を続けていきます。

TOP